病棟

脊柱管狭窄症は整形外科で治療する~骨を元気に~

これからの日本

看護師

都筑区若い方から高齢の方までいるため、内科がたくさんあります。今後は高齢化に伴い、利用者も徐々に増えていくと考えられます。そして、受診のタイミングなどうまく活用して、健康を維持をしてみるといいでしょう。

詳細を読む

ネット活用が主流となる

先生

病院探しをする際、口コミ情報を参考にすることが主流となってきています。今後も利用者は増えてくるはずです。利用するからには、信ぴょう性のある情報を参考にすることが重要となってきます。会員登録型のサイトがお勧めです。

詳細を読む

いつでも子供の味方

男性

お子さんを持つ方にとって、最寄りの小児科は大事です。もし伊丹市で急な発熱などが合った際には、救急の連絡先があるので一度聞いてから、受診の必要の有無を判断をするといいでしょう。事前に連絡先などを調べて事も大事です。

詳細を読む

整形外科の最先端医療

医者

最先端医療のメリット

整形外科の病院では、内視鏡治療やレーザー治療などの最先端治療を行っている。これまでは、重症の脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの治療は外科手術が中心であった。現在ではメスを使わずに、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアを治療できるようになっている。内視鏡やレーザーを使った整形外科の最先端医療のメリットは、外科手術が困難だった患者でも、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアを治せることである。脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの患者は高齢者が多いが、外科手術が難しい高齢者でも脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアを完治できる。内視鏡やレーザーを使った最先端医療は、保険診療が可能なケースが多い。患者は健康保険が適用された安価な費用で、整形外科の最先端医療が受けられる。

最先端医療の今後の動向

光学技術やエレクトロニクス技術の進歩によって、医療機器の精度は著しく向上している。特に内視鏡の技術進歩は凄まじく、内視鏡検査だけでなく、内視鏡治療も可能になっている。日本の医療機器メーカーの光学技術やエレクトロニクス技術は世界の最先端を誇っており、今後はさらに精度の高い内視鏡が開発されると予測される。内視鏡の進歩によって、これまでは治療ができなかった脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアも治療可能になると予想される。最近ではハイビジョン内視鏡が製品化されており、従来の内視鏡よりも画像が鮮明になっている。整形外科の医師は鮮明な画像で患部を確認することができ、精度の高い検査が可能になっている。ハイビジョン内視鏡の普及によって、整形外科の検査の精度はさらに向上すると考えられる。